スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒いと

20080329104246
腹が立つ
スポンサーサイト

ゴミ袋

200803291026442
20080329102644
結構便利だからよく使うけど、くるんでいるのは一千万近い機材である
専用雨カバーは、五万円くらいするけどひどい雨では役に立たない

中継車に至っては一億以上するのに、雨漏りするからブルーシートで屋根を被っている

昔からこんなものなので、別に構わないんだけど、よく考えてみるとおかしな世界である

おかしな世界に三十年もいるから、自分もおかしい人間なのだろう

とりあえず、準備が終わるとやることもないので、うだうだしている

つくし

20080328093156
春ですね
田んぼ風は冷たいけどね
桜も早咲きは咲いていました

今日の一言

私はかつて嫌いな人に出会ったことがない

淀川長治の言葉より

朝酒

20080324120110
久しぶりに、うまい酒があった
安くていいですね、北雪の越淡麗
YK35も美味いけど、美味すぎるから肴が美味くなくなる
まだ、試行錯誤中で18度あるけど、新酒なのにすごくこなれた味で、来年は期待できます

晩飯

20080323211940
20080323211939
普通の12000円の旅館
写真は5人前だけど内容濃ゆい
食べきれないなぁ
魚は当分いいや

努力

ダメなことや劣っていることは、大した問題ではない

いけないのは、ダメなことに甘んじていて、なにも努力しないことだと思う

結果はすぐには見えないが、あとで必ず差が付いてくる

がんばっている人は、好きだし手助けしたくなるが、拒否されれば、無理にする気もない

世の中は、最後は自分しか頼れないけど、甘えられるうちは人に頼った方が、世の中は楽だ

コンテストと自分の作風

また新潟県展の写真選びの時期だけど、どうしましょうかねぇ
先日、写真家の羽賀さんという方とお話しをしていて、コンテストって競争なんだから
審査員の好みや、人より目立つ写真とか、そういうのを意識して出さなききゃだめですね
というお話しをされていた

たしかに、競争なんだから、最後は結果勝負でトップを取らなきゃ意味がないわけだけど
自分の作風を変えてみようとまでは思わないなぁ

県展など意識しだしたのは、この2,3年でしかないけど、上位は明らかに賞だけを狙うためのもので
芸術性などは薄いと思っています

だから、あくまでも自分の作風にこだわって、出していきたいなぁと思うのですね

私の写真や、他の人の写真で、凝った写真を見て、羽賀先生は、
これが入れば、県展に一世風靡を巻き起こすね といわれています

羽賀さんも、県展が芸術性を求めていないことは、よくわかっているんでしょうね

私も、昔、ビデオ作品の審査などしたことがありますが、いい作品と、賞に選ぶ作品は違うんですね
やっぱり、無難というか、総合点が高いものを選んでしまう、というか選ばざるを得ないわけです

審査員の好みだけで選ぶ訳じゃないからね

あんまり理屈をつけて写真を撮らなくても、自分が撮りたい感じ、いいと思う感じで
いいんでしょうね
それが認められるかどうかは、運不運だし

でも、県展賞は欲しいなぁ

別れと出会いの季節

とは、よく言ったもので、春は好きでもあり嫌いな季節でもある

人との出会いは不思議なもので、何十年も連絡を取ってなくても
友達と呼べる人間もいるし、毎日顔をあわせても友人とは呼べない人もいる

友人の一人がしばらくこちらから離れると言うことで、それはそれでとても悲しいことだが
向こうが友と思っていてくれるなら、その関係は距離など関係ないものだと思っている

まぁ、生きていればそれでいいし、元気ならばさらによい

バイ貝

20080314204832
生きがいいので刺身にしようと思ったけど中身を出すのはどうしたらいいのだろう?

お昼がまだでした

20080310174455
あんまりお腹も空いてないけど、目に付いたのでぐるぐる寿司
いつものようにこれで599円
やっぱり、ラーメンよりこっちがいいな

摩訶不思議

20080307200251
バレンタインということでこの間頂いたチョコ風味のビール
ようやく時間が出来たので、飲んでみました
味はビールそのもので美味しくて、香りは甘いチョコ風味

なんか人気があるそうですが、美味しいですね
大瓶で欲しいです

愛の告白は、バレンタインデーの前後6ヶ月間受け付けています(笑)

シンシアの

息子がテレビにでているわけですが・・・

年年歳歳年花相似
歳歳年年人不同

目から汁が出ますね
今日CDを買おうかどうか悩んでいた所でした
ヤフオクで探してみよう

裸がいっぱい

20080304175240
昨日の写真
いいシーンでは仕事しているので、いい写真は撮れません
そのうち、参加して内側から撮りたいですが、押し合いの前の水行で死んじゃいそうです

だから写真に残したい

代悲白頭翁   白頭を悲しむ翁(おきな)に代わる

洛陽城東桃李花  洛陽城東桃李(とうり)の花
飛来飛去落誰家  飛び来たり飛び去って誰(た)が家にか落つ
洛陽女児惜顔色  洛陽の女児顔色を惜しむ
行逢落花長嘆息  ゆくゆく落花に逢うて長く嘆息す

今年花落顔色改  今年花落ちて顔色改まり
明年花開復誰在  明年花開いてまた誰かある
巳見松柏摧為薪  巳(すで)に見る松柏くだけて薪となるを
更聞桑田変成海  更に聞く桑田変じて海となるを

古人無復洛城東  古人また洛城の東に無し
今人還対落花風  今人還(かえ)って対す落花の風
年年歳歳花相似  年年歳歳花あい似たり
歳歳年年人不同  歳歳年年人同じからず

寄言全盛紅顔子  言を寄す全盛の紅顔子
應憐半死白頭翁  憐れむべし半死の白頭の翁
此翁白頭真可憐  この翁白頭真に憐れむべし
伊昔紅顔美少年  これ昔紅顔の美少年

公子王孫芳樹下  公子王孫芳樹の下(もと)
清歌妙舞落花前  清歌妙舞落花の前
光禄池台開錦繍  光禄池台錦繍を開き
将軍楼閣画神仙  将軍の楼閣神仙を画(えが)く

一朝臥病無相識  一朝病に臥してあい識るなし
三春行楽在誰辺  三春の行楽誰(た)がほとりにか在る
宛転蛾眉能幾時  宛転(えんてん)たる蛾眉(がび)よく幾時ぞ
須臾鶴髪乱如糸  須臾(しゅゆ)に鶴髪乱れて糸の如し

但看古来歌舞地  ただ看る古来歌舞の地
惟有黄昏鳥雀悲  ただ有り黄昏鳥雀の悲み



洛陽城(現河南省洛陽市)の東にある桃園の花びらがひらひらと近くの家の屋根に落ちかかる。
いつまでも若さを保ちたいと願う洛陽の若い女性が、花びらの落ちる情景を見てため息をついた。

今年花が落ちればそれだけ年をとり容色も衰える。来年花が開いたとき誰が生きているだろうか。
歳月は速く過ぎる。見事な松柏が枯れて薪となり、桑畑がいつしか海になることもある。

昔、洛陽城の桃の花を楽しんだ人達は既に亡くなり、今我々が花の散るのを見て嘆いている。
毎年美しい花は同じように咲くが、この花を見る人々は毎年変わっているのだ。

若さの盛りにある美少年が、あの白髪の老人はかわいそうだと語りかけてきた。
その通り、この老人の白髪は真に憐れで、じつのところ昔は紅顔の美少年だったのだ。

王侯貴族の子女が満開の花の下に集まり、散る花びらの前で楽しげに歌い踊る。
彼らの屋敷は錦布のように美しく、将軍の楼閣には不老不死を願って神仙が描かれている。

王侯貴族の子女が年老い病に臥すと誰も尋ねてこなくなる。あの春の行楽はどこへ行ったのか。
女性の美しさは長くは続かない。あっという間に白髪、やがてその白髪も糸のように乱れてしまう。

眼前は昔の歌と踊りの舞台の跡。今はたそがれ時に鳥や雀が来て悲しげに囀るだけだ。



今年は桜と一緒にいい写真を残したいね
プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。