スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな写真がいい写真ですか?

と、先日の撮影会で、初心者の人に聞かれた
その人曰く、コンテストの入賞作品など見てもいいと感じないのですが
と言うことだった

貴女がいいと思えば、それがいい写真です
まぁ、それが普通の答えですが、私の場合は
「僕が撮った写真がいい写真です」ときっぱり言い切っちゃうw

技術的には下手ですけどね
一応、芸術作品として撮っているつもりなので、その感性は
自分だけのもので、人の評価は、あんまり気にしてないです

たまにコンテスト用にも撮りますよ
たしかに、評価も欲しいですし
自分の基本スタイルを変えてまで、そこに行こうとは思わない

arajin先生は、感性を第一にと教えていますね
写真クラブの羽賀先生も、こうあるべきなどという事はいいません

昨日、私がかなわないと思っている写真仲間の人と少しお話しをしましたが、
その人も、自分の作品には絶対的な自信を持っている人です

なんで俺がコンテストで2位なんだとぼやきますけど
コンテストって、いろんなしがらみがあって、写真の善し悪しで
選ばれているわけではないし、審査員の好みもあるし、
あんまり上手いと自分の教えていることが嘘になっちゃうとか
色々裏の事情があるものです

どんな写真でも、自分のスタイルを押し通すことが、大事なんだろうなぁと思います

特にアマチュアはね
評価されなくても、困る訳じゃないから

自分が楽しければそれでいいのだと思う
だから僕はしばらく、健康的な中年の本能をむき出しにした
写真にしてみようと思います

しばらく、ファインアートにこだわっていたけどね
割と満足したものが撮れるようになってきたし
もっと撮りたいけど、そういうチャンスの時にこだわればいいし

コスプレロケやりたいけどなぁ
世間ではあんまりオタクが面で目立つのは評判がよろしくないらしいし
何よりレイヤーさん達の立場を第一に考えないと行けないので
誘ってもいないんだよね

まぁ、そんなことはどうでもよくて
どんな写真がいいか と言われたら、僕の写真が一番いいのです
モデルさんから「手前味噌かよ」とか言われてもね

そうでないと、自分の方向性がぶれます
人の写真のマネをしても自分の写真ではないですもの
スポンサーサイト

台風ですが

風の中で撮りたい人と写真がある
その人でなければ、成立しないので意味がない
自分は結構わがままなので、あるモデルさんでイメージした写真は
他のモデルさんで代替することはない
ねばり強くいつか撮れる時まで待っている
ほとぼりが冷めるまでしばらく待ってと言われたので
待っているけど、冷めた方がいいのか冷めない方がいいのか
難しいところだ
まぁ、だめでもそれは仕方のない事という余裕ができたかな
雨の降る日は天気が悪い
台風ならば風は吹くのである

大人のご挨拶

このところ、マイミクさんのご家族の方が亡くなられたという話が
多いです

お悔やみの言葉など、コメントに書くのだけど、普段コメントを
書いている若い人から、お悔やみの言葉が少ないですね

別に悪いとか言う話ではないんです

おそらく、これが、誕生日を迎えましたという、話なら、
おめでとうございますと気軽に書けると思います

おそらく若い人は、そんなに近しい間柄でないのに、
お悔やみの言葉までいうのは、失礼 
という気持ちがあるのでしょう

お悔やみの言葉も、おはよう、さようならというご挨拶と同じです

特に、歳を取ってくると、身近な人が死んだ時には、もちろん
悲しいけれど、いつかは仕方のないことと、普通に起きることと
思ってきます

なので、特に意識することなく、普通にご挨拶すればいいと思います
相手は、普通に気遣ってくれてありがとうと言ってくれます

たまに写真の話

愛機はニコンのカメラ
ペンタックスやライカやローライも持ってるけど
使うのはもっぱらニコンだけ

レンズの描写は、本当はポートレートにあわない
線が太いと言うか、硬い感じ
でも、ニコンを使う

もともと、報道とかドキュメント畑の人間なので
歴代のニコンで撮られた写真に凄く憧れがある

http://www.youtube.com/watch?v=BRGXdpzsWZk&NR=1 このビデオなかなかかっこいい

女性のポートレートって、やわらかく写したほうが
よりきれいに見えるからいいんだけど、
嘘っぽすぎる写真は、あんまり好きじゃない

美しさの中にも、その人の人間性が移しこまれればと思う
ペンタックス645でアスティア使うと、緻密できれいですけどね
コストが馬鹿にならないしねぇ

カメラマンというより、職人のイメージだと言われたことがある
そんな感じかもしれない
いつも、前とは違う写真、人とは違う写真を追いかけている

普通の人は、日常の息抜き、娯楽として写真を撮ってるから
それはそれで否定もしないし、とてもいいと思っている

自分でやっている撮影会なんかは、むしろ撮るだけで楽しい
というセッティングにしているし、写真なんて
そんなに難しく考えなくてもいいと思うし

それにしても、撮影会が多すぎるかなぁ
初心者向けに、ポートレートの面白さを知ってもらおうと
はじめたけど、最近はモデルさんたちに、仕事の場を与えるのが、
主体になってきた

一月に撮影会にかけられる金額も決まっているから
やりすぎると、返ってギャラ払えなくなるし
そもそも、本業に励んだ方が儲かるんだけど、
まぁしかたないか

田舎は、モデルやタレント活動の場がないし、ギャラも安いので
皆さん割と大変で、ギャラもできるだけ多く払いたいんだけどね
まだまだポートレート好きは少ないなぁ

今月は撮影会が凄く多いです
自分の写真が撮れないのが、一番つまらない

PDFファイルが見られない方へ

アルバムのスライドショーはPDFで作成していますが
「ファイルが壊れています」というメッセージがでる場合があります
その場合、キャッシュファイルが壊れているだけですので

インターネットエクスプローラーのメニューの
ツール→インターネットオプション→インターネット一時ファイルの削除
を行ってから、再度ご覧になって下さい


また、adobeリーダーの全画面表示は
最初にadobeリーダーを単体で立ち上げてから
メニューの「文書」→「アクセシビリティの設定アシスタント」
→次へを押して5枚目のメニューの中に(5/5と上に表示される)
「PDF文書をWEBブラウザに表示」のチェックをはずして下さい

 
プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。