スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の写真

個撮とか撮影会とか撮影会の主催とかいろいろ撮影の機会は多いけど
自分の写真がちっとも撮れてないですねぇ

人が見てくれたりモデルさんが喜んでくれたりで、
それはそれでいいんだけど、自分で満足できるものが少ないです
まぁ、普通の写真では満足できない身体になっちゃったもんで
仕方ないんだけどね
そんなにガツガツ撮っても仕方ないし

この人でこんな写真が撮りたいというのは、すごくあるけど
みんな忙しくて、遊んでもらえないです

季節や時間、天候もあるしなぁ

と言うわけで今日も個撮です
撮らせてもらえるのは嬉しいんだけど、初めての人には、
自分のわがまま言えないし

ドレス着てモップもってもらったり、スカートで大股開きや
真下から見上げちゃうんだもんねぇ
よく嫌われないもんだと思う、っていうか嫌われているかな

夕方まで振らなければいいんだけどな
やっぱり光がある方が、普通の綺麗な写真が撮れるので
その方がモデルさんも喜んでくれると思う

スポンサーサイト

県展考察

昼飯を兼ねてじっくり見てきました
前回は、時間がなくてちょちょらに見てきましたけど
じっくり眺めていると、色々わかってきますね

人物スナップなどドキュメント系はなかなか秀作が多かったです
審査員の個性がよく表れていると思いました
風景写真も、シャッターチャンス重視で写真の特性が
出ているものが多かったです

奨励賞に選ばれている写真は、やはりすばらしく感じました
こうしてみると自分の写真に足りないものがわかってきますね

うならせるほどの写真はないですが、じっくり見ていると
味が出てくる写真が多いというのが特徴だと思いました
かなり真剣に審査したというのがわかる写真展でした

写真家 羽賀康夫先生

白鳥の撮影で世界的にも評価を受け、その後、新潟の風景、蘭の写真、
夕日の写真など様々なジャンルに挑戦し続ける写真家である

現在は、「美しい国 日本」というテーマで新潟県内の写真を
撮っておられる
全国の著名な風景写真家40数人に選ばれて国からの委託だそうである

私の入っている写真クラブの講師であり、よき相談相手であるが
この先生の一番好きなところは、何よりも写真好きであるということだ

ある時に、「スランプになったときはどうしてますか?」
と聞いたことがある
「他の人は、そういうのがあるらしいけど、私はなったことがない。
ひとつのテーマが撮れなくなったら、別のテーマを撮ればいいだけだ」
と答えてくれた。

写真はひとつの芸術であるので、それを突き詰めていくと必ず壁にぶつかる
真面目に写真に取り組むと、だれでも悩むことであろう
しかし、この先生は、写真を撮ることも見ることも大好きなので
そんなことはどうでもいいらしい
結果として、人から評価されただけで、もし評価されなかったら
そこらの写真好きのじーさん達と何ら変わることはない

アマチュア写真家の育成に熱心である
コンパクトカメラのおばちゃんに熱心に花の撮り方を教える
県展入賞常連の人には、さらに高い技術を教える
その人のレベルに合わせて的確なアドバイスをしてくれるが
こうあるべき、こう撮るべきなどと押しつけた教え方はしない

実は、写真クラブでこの先生から、アドバイスはもらうけど、
それは第三者から見たら、どういう感想か参考にする程度で
技術的にはそれほど参考にしていない

女の子を撮らせたら、自分が一番とうぬぼれているためでもあるが
この先生、アイドル写真的なポートレートは撮ったことがない
もちろん仕事で、結婚式や成人式など、実にいい顔撮るのだが
いままで、そういう機会に恵まれなかったと言うことだ。

なので、この先生をポートレートの道に引きずりこみたいと
考えている
人物写真はおもしろい、きっとはまってくれるだろうw

若草物語なんだなぁ

この間、話聞きながら、こんな設定、なにかで見たような気がするなぁ
と考えていたんだけど

一番上が、一番頼りないのはだいぶ原作とは違うけどw
あ、みんな性格も原作とは違うか

でもまぁ、以前は見知らぬもの通しが気を許しあえるというのは、
とてもいいことだと思う

そうかと思うとなにが気に入らないのか、拒絶する人もいたりするし
まぁ、それも人の縁なのだろう

いろんな人が組んずほぐれつしているから人生はおもしろい



D2H VS D200

どうも最近、冴えた写真が撮れていないのは、D200の出動率が
高いせいかもしれない
ほとんどはWEB掲載が目的だから、D2Hの400万画素でも十分なのだが
やはりノイズは少ない方がいいし、傑作が撮れたときに全倍まで
伸ばすことを考えるとD200と思ってしまうのである

ところが、まず第一に半目写真が多くなった
高速ブラケットが切れないので、露出を考える手間で撮影テンポが悪くなる
色合いがやすっぽい
などなど、イマイチ出来上がりが不満だ

下手な鉄砲作戦でとにかく連写するのがスタイルとして慣れちゃったせいかなぁ

連写枚数は秒5枚だからD2Xでも変わらないのだけど
レリーズタイムラグが結構感じます
一枚一枚じっくり撮りたいとは思うけど、この辺が下手なんだろうねぇ

露出なんか後で微調整でいいと思ってRAW撮りが多いので
現像も大変
半日で700枚程度撮っちゃうもんなぁ

D2Hはとてもいいカメラだけど、アンダーな写真の時は
ひとつ間違うとノイズが目立ってきます
D2Hsだとかなりいいみたいだけど、買い換えるならD2XかD3だよねぇ

nikonはいいですね、落としても壊れないからw
この間レンズがバッグからぽろりと落ちたけど、問題なし
ズームレンズでも切れもボケもいいしね
フレアーに弱いのが玉に瑕だけど

またD2Hを主力にしましょう
D200売ってD40にするかな、小さいし高感度ノイズもいいし
18-200VRが買えれば、いいんだけどなぁ

仕事無し

かなり暇です
やばいくらいにw
その割に、撮影会や個撮や宴会なんかで結構忙しい

会社の申告期限もまもなくだし

最近、自分のわがままな写真が撮れていないので欲求不満
綺麗な人は沢山撮っているんですけどねぇ

撮影会に参加した方が、遠慮なく自分の好きに撮れるから
イメージにあった写真になります

せっかく綺麗にお化粧や衣装を決めてきても、お腹の写真だけ
撮られてもねぇ 
三回に一回くらいは、僕のわがままを聞いてくれる人募集中ww

しかし、エロ写真家になりつつあるので、少し自重しなきゃあね
普通に綺麗な写真で、そこはかとない女性の魅力や色気を
感じられる写真を目指しているけど、難しいですなぁ

ソフトフィルターとかでごまかすのではないやつね

あとは、誰も撮れない写真だなぁ
色々挑戦しているけど、もう一つクォリティーを上げないとね

また、頑張ろう
プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。