スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あちこちで

写真をけなされたりほめられたりで、それだけ見てくれてると
言うことなのでそれはそれでよいのだろう

ずいぶん前に、いい写真撮るんだからコスプレ写真なんか載せるの
辞めればというメールが来たことがあった
フリーメールだったので返事もしなかったが、俄然コスプレ写真を
撮ろうと燃え上がったw

生来のへそ曲がりである

先日、どんな写真を目指しているのですか? と聞かれた
少し返答に困ったけど、当たり障りなく、モデルさんの人間性が
見える写真とか言ったが、それもあるけれど少し違うのもある

実は、口はばったいが、人の為になる写真を目指している
記録であったり、見て喜んでもらったり
何よりも撮られた人に喜んでもらいたい

自分の好きな写真を撮るなら、撮影会に行った方が楽に撮れる
気を使わなくていいし、撮影会のセッティングは自分の好みに
あっているので、楽である
最近撮影会にあんまり参加してないのは、それほどガツガツ自分の
写真にこだわらなくなった所為もある

他の人ですぐ満員になるので、埋まらなかったら出てみようか程度
普通の人は、あんまりモデルさんなど手配できないだろうから
そういう人たちに参加してもらえればいいと思う
生意気であるが最近はそんな考えで写真を撮っている
スポンサーサイト

お祭り

はっきり言うとコスプレイベント
参加する方が見ているだけより面白い
共通の話もないのに友達なんかになれはしない

写真を撮るのが目的で最初は行っていたんだけど
撮影環境の悪さで、はっきり言えば、写真なんかどうでもいいと思っている
記念写真程度の綺麗な写真が撮れれば自分としてはそれでいい

そんなことより、その時にしか会えない人と話をしているのが
めちゃくちゃ楽しい
モデル探しに来ているだけではないかと言う人もいるだろう
結果としてモデルを頼む時もあるけど。別にそれが目的ではない

会場は自宅か5分程度、今はがつがつしないで足のない人を乗せていったり
まぁ人の輪が広がってくると、面白いことも増えてくる

アニメやコミックなどゲームなんかも昔から好きだけど
最近のものは立ち読み程度しかしないから実はよくわからない
そう、もとはと言えば、そういう夢を売る仕事がしたくて
今の仕事に入った

だから、そういうのに夢中になる人の気持ちはよくわかるし
応援したい気持ちもある
お祭り会場はそんな昔の気持ちを思い出させてくれる

距離を超えるもの

物理的な距離は人を遠ざける
それを乗り越える力があれば本当のつながりと言えるだろう
今はNETでいつでもコミュニケーションは取れる時代
だから、距離なんて関係ないともいえるが、離れていれば寂しいものだ
実際に顔を合わせることが少ない人でも、いつでも会えると言う気持ちだけで
親近感は沸く
やっぱり距離が遠くなるというだけで寂しいのだ

苦しむことを楽しむ

本気で苦しんだら死ぬほどつらいけどね
アマチュアランナーがマラソンする程度の苦しみは
むしろ楽しみでしょう
その違いは何かというと、心の余裕
無くしても失敗しても失うものはないと考えると
嫌になったら止めればいいさと考えられる
だから、困難なことに挑戦できる

よく言っている、適当に楽しむ
楽しんでいるだけでは上達しないけど、苦しんで止めるよりは
長く続けられるだけよいと思う

年を取ると失うものが少なくなってくる
どんなに恥をかいたって、時間がたてば忘れ去られると言うことを
経験で知っている

だから、何事も楽しい

無気力症候群

なんか、仕事も趣味もやる気なし
原因はわかっているんだけど、自分でどうすることも出来ないし

みんな色々環境が変わってきますね
若いときの変化って早いんだなぁって思います

自分は3年単位くらいでしかなにも変わらないけどね
知り合った人たちとはずっとつながりを持ちたいと思っている
きっかけがどうであろうと、そこから環境が変わろうと
趣味が変わろうと、そんなことって関係ないと思っている

10年近く会ってない友人もいるけど、なんかの機会で再会すれば
それなりに昔話で盛り上がる
人と人のつながりは、どうやってもつながっていくもの
途切れることはないけどそれがまた悩みの種にもなったりする


感性欠落

最近、自分で満足できる写真が撮れてない
ポートレートとしては、サプライズな写真が自分の持ち味だと思うのだが、その感覚が現場で出てきていない
撮影前は、いつものように妄想はしているのだが、撮影に入ると
実行できていないというか、綺麗に押さえることだけで時間が足りなくなってしまう
もっとも、綺麗に撮ることを優先してるのはたしかなのだが
そこからもう一歩踏み出さなくてはいかんなぁ と思うこの頃である

おせっかい好き

つくずく自分でもおせっかいだなぁとは思います
人から見たら、なんでそこまでやるのっていう感じなんだろうね
でも、じゃま臭がられるくらいでいいんじゃないかな
世話を焼くこと自体が、自分では楽しいしね

昔は、いろんな事で、助かったことがたくさんあるし、
そういう経験を積むことで、人を大きくするのじゃないかなぁ
利用することと甘えて頼むこととは、似て非なるもの
出来ないことは出来ないと言うしね

今日のおせっかいはとても楽しかったのでよかったです

自分の写真が気に入らない

今までの自分の写真がひどくつまらなく見えてきた
特に去年の後半
まぁ、普通に綺麗に撮ろうと心がけたのもあるけど
やっぱりつまらない
まじめに写真を考えると苦しいけど、またなんか変な写真になるような気がする

被写体探し

何かを綺麗に撮りたいと思ったとき、昔はよく植物園や温室に行ったものだ
花撮りと女の子撮りはよく似ている
会話できるかどうかの違いくらいじゃないかなぁ

今の所、お願いすれば撮らせてもらえる人は、何人かいる
シャッター押してるだけで楽しいけど、やたらに撮っても仕方ない

撮りたい人はたくさんいるけど、スケジュールあわないねぇ
みんな忙しい
この人ならこんな写真と言うのははっきりしているので
室内だと相手が限られます

もっと照明を操れるといいけどね
そしたら、モデルさんによってのイメージが作られる
ジェネがふたつ、ヘッドが4個あれば理想的だけど、お金ないなぁ

クリップオンの中古でも買おうか

何の話だったかな
モデルさん探しか
必死になれば誰か答えてくれると思うよ
伝わらないのは、熱意が足りないのかも
プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。