スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くそ!

このブログ、携帯からだと書き込めん
変えちゃおうかなぁ

スポンサーサイト

焼き鳥や看板

20050328195104

ダチョウの肉なのだろうか
食いたいと思いつつ、いつも店は閉まっている

ホームページ

いくつかある自分のHPも管理できていないのに
また別のHPの管理をやる羽目になった
とても出来ませんよ、と言っているのに、
他に出来る人がいないからお願いします
と言われると、断り切れないです

人生の中で、人の頼みを断った事って、数回もないかもしれない

やることがない

今日は一日 ぼーーーーーーーーーーーー
やることがないわけではないけど、春先はやる気が起きませんね

散策

カメラも持たずに午後からちょっとぶらぶらしてました
と言っても、歩くの嫌だから、車移動ですが
だんだんと自分でどんな写真が撮りたいか
わかってきたような気がします
しかし、ここまで写真のこと考えなくてもいいのでしょうが
性格が根暗で、行き着くところまで行かないと我慢できない性分
なのでしょう

秘密

人に言えないこと、家族にも言えないこと
そんな事がたくさんある

いろんな事が周りでおきる。
物理的な事は対処できる、出来ないことは受け流せばいいだけ
問題は心の中
いつまでもひっかかり、どんどん大きくなる

すべてを抱え込む癖、人に頼らない癖
そんな性格が自分で好きだったり嫌いだったり
優柔不断は治らない、とことん自分を追い詰める
切羽詰れば動き出す


アクシデント

今日は本当に疲れました
午後から撮影予定の場所で、橋から川に飛び込んだ人がいて
ヘリコは来るわ 船はくるわで大騒ぎ
せっかくの天気が待ち時間の間にどんどんかすんでいって
おかげでいい画は撮れないし、押し押しでみんないらだってくるし
滅茶苦茶疲れました、それではおやすみなさい
明日は5時起きです

ユニークな人々

うちの会社も変な人ばかりである
oは電話の主、nは私

o「取材車がパンクしている!」 
朝の電話である(眠)

n「今日取材だったけ? 取り替えてる時間ないなら、そのままにして、ワゴンの方使って」
o「いや、別に使う用事はないけど、パンクしてるんだよ!」

だから、そんなことで電話してこなくていいじゃん、まだ、朝の7時だよ

o「修理工場かJAF呼ばなくていいかな?」
n「すぐに使う用事ないなら、自分で取り替えれば?」

o「だって、タイヤがぺちゃんこなんだよ!」
そりゃぁ、パンクなんだからぺちゃんこだろうよ

n「俺があとで変えるから、そのままでいいよ」

まぁ、最近、パンクなんかしないから、タイヤ交換出来ない人がいても不思議ではないが

再び電話

o「じゃぁ、これからタイヤ交換するからね」
だから、いちいち電話するんじゃねぇよ(怒)
まぁ、自分でやるならそれもいいでしょう
しばらくして、また電話

o「スペアタイヤの空気も、半分くらいしかない!、どうしよう?」

どうしたらいいのか思いつかないか?

出社して車を見てみると、半分しか空気の入ってない
スペアタイヤをつけた車が、駐車場に斜めに止まったままある
パンクしたタイヤを見ようと探すが、見あたらない

事務所に入って
n「パンクしたタイヤ、どうした? 修理に出した?」

o「ペチャンコだったんで、ココに持ってきた!」

これをどうする? 記念に飾っておくのか?



これからスタンド行ってきます


師匠の話

一匹狼のような私の仕事だが、これでも師匠のような人はいた
ドキュメントを作らせたら日本でも有数のディレクターなのだが
20年ほど前で50才を過ぎていたから、もう引退されているだろう。
とてもユニークな人であった。

で、その師匠、すこぶるギャンブル好きだが、短気なせいか
パチンコ屋だけは滅多に行かない

フィーバー機が流行っていた頃だっただろうか
当たれば大きいが、それまでかなり投資しないと行けない
そんな台ばかりだった頃である

で、その師匠珍しくパチンコ屋に入り、しばらくやっていたが、
ふと店員を呼び
「おい! この店はいくら突っ込めばフィーバーが来るんだ?
3万か?4万か? そのくらいの金は出すから、
すぐ大当たりにしてくれ

と真顔で交渉する

店員もこういうごねる客は慣れっこなのだろう
適当にあしらっていると、師匠ぶち切れた

「俺は、ちんたらパチンコしてるほど暇じゃないんだ。
どうせ金を突っ込めば出るんだから、先に出せばいいじゃないか!
俺は遊びに来ているんじゃないんだぞ!!」



師匠、パチンコは十分遊びです。



サムネイルからリンクしないぞ

P1000005s.jpg

どうすんだ?、わざわざURL書かなきゃ行けないの?
http://blog2.fc2.com/a/atos/file/P1000005.jpg

酔っぱらい中

P1000002s.jpg

タンタカタン、なぜか三日でなくなってしまう
きっと底が抜けてるんだ
http://blog2.fc2.com/a/atos/file/P1000002.jpg

HOX撮影会

何とか時間を作って行こうと思うのだが
やっぱり無理っぽいかなぁ

明日、馬力を上げれば何とかなるかな?
ということで、明日に備えて今日は飲みに行く

女心

仕事の関係で皮膚科の先生のところで伺ったお話ですが
その先生は、レーザー治療の権威で、赤あざや太田母斑などの
治療でたくさん患者さんがいらっしゃるそうです

レーザー治療というのは、レーザー光線で患部の毛細血管を
つぶしてしまうという治療方法なのですが、治療中は軽いやけど
状態となるので、少しずつやらなければ行けないのと、
その傷が癒えるまで、3ヶ月から半年くらいかかるのだそうです

ある時、中年のご婦人があざの治療をして欲しいとやってきました。
先生は、治療の仕方を説明し「時間がかかりますよ」と話したところ
「先生、私には時間がないので何とか早くして欲しい」といわれたそうです。

そうは言っても、治療に時間がかかるのは仕方がないこと
なので、なぜそんなに急ぐのかと聞いたところ、
「実は私は末期のガンで、余命3ヶ月程度で、この病院に入院している。
レーザー治療であざが治ると聞いて、皮膚科の方にも来た。」
というのだそうだ。

あざの程度は、化粧を濃くすればわからない程度なのだが、
ご本人にとっては、長年悩まれていたことなのだろう
「死ぬ時まで綺麗になりたい」「死ぬときくらいは、綺麗な顔でいたい」というのが女性の心理なのだろう

女性の悩みというのは、男性にはわからないものである。



プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。