スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスプレ主義

20050131215951.jpg

また懲りもせず、コスプレイベントに撮影に出かけた
若い人たちの楽しんでいる姿を見ているのは、
嬉しいものである

みなさん、あまりにも仲良くお話などしているので、
撮影のお願いの声をかけにくかった
撮影していても、色々ポーズをお願いしたいのだが、
撮影会と違い、対価を払っているわけでもなし、非常に
頼みにくい。

この辺は慣れなのだろう。
他のカメラマンさん達は、光具合のいいところに連れて行ったりで
なかなか、いい写真を撮られているようだ。

レイヤーの皆さんはとてもいい人ばかりで、
お願いすれば快くなんでもしてくれると思うのだが、
自分の性格のためか、なかなか頼み事はしづらいものである

ところで、今回は、50年前のクラシックカメラで撮影してみた
今、一番輝いている人たちを彼らの年代の倍以上生き抜いてきた
カメラで撮ったらどうなるんだろう? という試みである

まだ、現像が上がってきてないが、どんな具合か楽しみだ

問題はその見せ方
本当は、語らっている様子など自然な姿を撮りたかったのだが
盗み撮りみたいで気が引けた

最後のできあがりは、デジとそんなに違いが無くなるかもしれない

スポンサーサイト

今朝の出来事

今朝のことだが、いつものように、取引先に納品に行く途中の道、
ちょうど南高校の跡地から、昭和橋下へ向かう土手沿いの道に出たところだ

前を走っていたスーパーカブに乗ったおじさんが
前のかごから小さめの鞄を落としていった
見ると集金鞄のような感じ。

すぐにクラクションを鳴らし、おじさんを止めようと思ったが、
そのまま昭和橋方向に走り去っていく。

あらら、大変と思い、車を止めてそのバッグを急いで拾った
鞄はやはり集金鞄のようで、おそらく大事なものが入っているのだろう。
もしかしたら、大金が入っているのかもしれない。
何とかすぐに、渡してあげようとおじさんのスーパーカブを
追いかけた。

しかし、車を止めていた間に、2台ほど追い越されたので
スーパーカブを見失わずについていくのがやっとであった

幸いなことに、おじさんはマイペースで走り続けていたので
割り込んでいた車達も次々追い越していき、
昭和橋下あたりでようやくおじさんのスーパーカブに追いついた。

クラクションを何度か鳴らして、止めようとするが、おじさんは
相変わらずマイペースで走り続ける
しかも、信号が青になるタイミングで走り続けるので
なかなか止められない。
横道にでも入られたら大変と思い、狭い道だったが、横に並んで、窓を開け
「おじさーん、おじさーん、鞄落としたよ鞄!!」
大声で怒鳴ったら、おじさんはようやくこちらに気がついたようだ。

が、しかし、突如としてスピードを上げ、走り去って行くではないか

通り魔か強盗とでも思ったのだろうか?
それも仕方がないと思うが、こちらも、何とかしたいのでスピードを上げ追いかける
しかし、なかなか差が詰まらない! 
なにせ、相手は原付とは言え、世界のホンダの基礎を作ったスーパーカブ

対するこちらは22万キロ走ったトヨタカルディア2000ノンターボ
実力は同等であろう、あとは腕の差だ!

しかし、おじさんは、先ほどのちんたらした走りが嘘のような走りだ。
昔、カミナリ族でもやっていたのかもしれない。
なかなかの腕と見た。

万代橋下の緩いカーブに差し掛かった、
ここなら、かなりスローダウンするので、差が詰まるだろうと
思った。

が、甘かかった!
なんとおじさん、アップダウンの激しいカーブを
ハングオンで曲がっていくではないか!
ますます差が広がるばかりだ!

「これはただ者ではないな!」と直感的にそう思った。

問題はこの先、みなとぴあ付近まで直線道路になるが、その先はシケインの連続だ。
そこに逃げ込まれては、もはや追いつくことは不可能であろう

「仕方ない、市街地では禁じられているが、最後の手段を使おう」
左手が、コンソールの赤いボタンに伸びた
そう、水アルコール噴射による究極のパワーアップだ!
こんな事もあろうかと、ひそかに準備していたのだが、
今までこれを使うほどの敵に出くわしたことがなっかた。

敵は、柳都大橋にまもなく差し掛かろうとしている。
見通しのいい直線道路だ
ここしか機会がない
左手の人差し指が、赤いボタンに軽くふれた。

すると今までのエンジン音が、突然甲高いジェット音に変わった。

タコメーターの針が、右方向いっぱいにへばりつく
後ろからダンプカーにでも追突されたかのような衝撃とともに、体がシートにめり込む。
窓の外の景色が、今まで経験したことのない速さで流れ去っていく。

時間にしたら、ほんの数秒であろう、敵のスーパーカブを追い越すには、十分すぎるほどの加速力だ

ちらりと、横に並ぶおじさんの顔を見た。
そうだ、俺は、ついにおじさんを追い越すことが出来たのだ
おじさんの口元は、かすかに笑っているように見えた

「この若造!、ようやく俺を追い越すことが出来たな、おめでとう!」
言葉などは聞こえない、しかし、たしかにそう言っているように感じた

俺はついにやった、いままで、どうやっても勝てなかった宿敵、スーパーカブに勝ったのだ!



俺は、路肩に車を止め、ゆっくりとドアを開けて降りた。
革ジャンの胸ポケットから、マルボロを一本取りだし、口にくわえた。

おじさんは、長年使い込んだジッポで火をつけてくれた

二人は終始無言である
男の戦いに言葉などいらぬ

真っ赤な夕日に照らされたトキメッセの前を、アナスターシアが音もなく進んでゆく





                   





あ、鞄、渡すの忘れてら









今日の夜食というか夕食

20050127005957.jpg

ペヤングカップ焼きそばは発売の頃からのファンだが
こんなに大きなものがあるとは知らなかった
ダブルサイズの超大盛り
喜んで買ってきて、お湯を注いで、ちょっと仕事してたら
伸びちゃった(悲)
腹が立ったので今日はもう帰る
はぁ~、明日早起きしよう

やっぱり昼飯ネタ

20050126174431.jpg

ラーメン189円 チャーシューライス付きで388円
このチャーシューライスが良くできているというか
チャーシューを刻んで醤油汁をまぶしただけ
人件費を少しでも抑えようと苦肉の策なんだろう
まぁ、味がどうのこうののレベルではない

アルミ缶の上にあるみかん

20050125132401.jpg


ズボンが爆発した ズッボーン
母艦が爆発した ボッカーン
ズボンと母艦が爆発した すぼか~ん
プリンには栄養がたっプリン
焼き肉は焼きにくい
ひき肉は挽きにくい
鶏肉は取りにくい
布団が吹っ飛んだ
もうふとふとんがもーふっとんだ
花瓶が割れたかびん
母が笑ったはは
英和辞典はえいわ
百円くえよ!ひゃ、くえん
忍者は何にんじゃ?
モノレールにもうのれる?
ロシアはおそロシア
内臓がないぞう!
同窓会をどうしようかい
実は実話なんです
ネコがねころんだ
カニの味噌汁は神のみぞ知る
ピーナツ食ったら下痢ピーなっつぁった
ゆで玉子を茹でた孫
他人に食わせるニンニク
納豆食べて納得ぅ
アムロが編む、ロシアのセーター
松田聖子を待つ、だせえ子
ビール一缶飲み干す菅野美穂
わしの鷲
わしの和紙
和紙の鷲
わしの和紙の鷲
ウツボの警察官「止まらないとウツボ」
張りがねー針
張りがねー針金
香港の本
香港でコホンっ
このカレンダー彼んだー
この彼のカレーかれ~
さぶいサブ
馬はうまい
レタスがうれたすよ!
板前がいたまえ
ぞうはこわいぞう
A君<ハングライダーどのくらい飛んだ?>
B君<1時間はんぐらいだ~!>
コーディネイとはこうでねいと!
内容がわからないよう
モノレールにもうのれる?
同窓会をどうしようかい


暇なだけです、壊れたわけじゃありません

今日のお昼

20050124190525.jpg

今日のお昼
前から気になっていた、味で評判のいい、和食レストランのバイキング
ご婦人方にすごく人気があるそうで、「こんなに食べるの?」
というほど、お皿一杯に乗せて食べていた

でもなんか、期待したほどではなかったのでがっかり
お刺身なんかは、いいネタ使っているし、味もいいんですけどねぇ
なんかが違う、胃が疲れている所為かな? 
カニの入ったお粥が美味しかったです

新年会

20050122130919.jpg

久しぶりに旧知の仕事仲間との新年会
我々の業界だといつもスタートが遅い
この日も7時30分から始めたが、全員揃ったのが9時を回っていた
スタートが遅ければ当然終わりも遅い
家に着いたのは4時少し前、酒はあんまり残らない体質なので
8時には起きるが、唄い過ぎのためか喉が痛い
2,30曲も歌っているのだろうか
昔と違い自分も含めて、みんな声に張りが無くなっている、
普通に唄えていたさびの部分も途中で音程を変えないと唄えなくなっている
年は取りたくないもんだ

今日のお昼

20050121135020.jpg

20050121135009.jpg

昨日は忙しくてお昼抜きだったので、
思い切って焼き肉、2人前5品の肉が付いて1320円
石焼きビビンバが380円の店だったが500円に値上げして
いたので、たいして変わらないので思い切って焼き肉にした。

上カルビは普通の店のロースくらい、ロースは脂気が無く
とてもヘルシー、ネギタンはカンナで削ったかのような
薄さだがまぁ、美味しかった。 

幸せである。

愛車22万キロ

20050121102433.jpg

すでに22万キロだがすこぶる調子はよい
父の仕事が、昔、自動車修理業なので自分も整備士免許も持っている。
父の仕事を手伝っていた時期もあった。
その頃、中古車、というか、廃車寸前の車が安く手に入ったので、
結構買い換えた時期があった
サニー、チェリーX1、ファミリアロータリー、コロナGT、
初代空冷フロンテ、初代空冷ジムニー、シャレード、ミラターボ、カリーナGT
結構色々乗っているなぁ、半分くらいはいわゆるシャコタン

フェアレディのオープンカーSR311もあった
これは、床を覗くと地面が見える品物で、シートはボロボロ、
エンジン不動、ボディ腐りまくりだったが、何とか自分で
エンジンがかかるところまでレストアし、爆音を響きまくらせて
(マフラーがなかった)乗り回した。
これは、動けるようになってすぐ買い手がついたのでうっぱらった。
今持っていたら、700万くらいするのだろうか?

暴走族というのを作っていたなぁ
もっとも、走り屋の集まりで今とはだいぶニュアンスが違う
前にあげた車は、そんな奴らから買ったりしたもの、転売するので、
それほど金はかかってない

若い頃の良き思い出である

閑話休題

昔と違い車も壊れなくなった。それが父が廃業した原因なのだが、
今の車もほとんど故障知らず
調子の悪いのはパワーアンテナが、スタンドの女の子に
無理矢理押し込まれて、壊れたくらいだるうか
オイル交換だけは5000キロ程度で、まめに交換している
エンジンは少々うるさくなったが、まだまだ行ける。

この四月に車検が切れるので、そろそろ買い換えかと考えていたのだが、
昨年資金をとある趣味のために使い果たしてしまった。
仕方がないのでもう2年乗ることにする

任意保険の案内が来ているが払う金がない、どうしよう・・・

モコ谷塾の一コマ

20050120190201.jpg

セミナー事態はモコ谷先生が進めていくが、この日は荒木先生もおいでになり、時々指導して下さった
中央が荒木先生、ここはスタジオ内にある先生のデスクだが、動かなくてもすべて間に合う配置は、私と同じ性格のようだ

御柱

20050119174112.jpg

これがその御柱
諏訪大社に奉納する柱を、氏子総出で市中を引き回す
山有り川有り、それでもずるずる引き回す、ただそれだけなのだが、何せ相手が巨木なもので、毎年何人かけが人が出る

さすがに近年は死人までは出ないそうだが、昔は当たり前のように2,3人亡くなられたそうだ
このときも、10人以上が柱からぽろぽろこぼれていた

ちなみに、この逆落としのよく見える枡席は、3m四方ほどで30万円!!
企業がお客さんのために用意するのがほとんどだという




セルフポートレート

20050119173141.jpg

携帯写真のフォルダーを整理していたら、こんなのが出てきた
昨年の長野で行われた御柱の中継中の写真である
小高い場所にイントレ7段だから30mくらい上の櫓からだが
とにかく寒かった、体感温度はー10度以下であったろう
御柱は7年に一度しか行われないお祭り
7年後の自分がまだこんな現場にいるのだろうか
まぁ、嫌いではないから、きっといるかもしれない

今日のお昼ご飯

20050119172022.jpg

セルフうどん店で360円
うどんというのは意外と塩分が高いそうなので、高血圧の人は気をつけた方がいいのだそうだ。

それにしても安く食事が出来るようになったものだ
近くには180円ラーメン、牛丼のスキヤなどもあり
昼食代で400円以上使うのはまれである

逆にご馳走になってしまったものがラーメンである
これまた近所には、味に評判のラーメン屋がありいつも並んで待っている
しかし、みそ野菜チャーシュー麺など頼もうものなら1000円近いし1000円超えるところもある
とても普段の昼食で使えるものではない

昔はラーメンといえば、小腹が空いたときに応急的に食べるものであったが、今や大変なご馳走になってしまった

みんなかっこいい

20050112201722.jpg

ということで、HPの方にガタケットのコーナー作ったのでこちらは消しました

しかしみんなかっこいいなぁ
変身願望というのは昔からよく分かっていたので、コスプレ自体は、楽しそうだと分かっていたけど、コスの人たちの写真を撮るのも、なかなか楽しいものだと分かりました。

惜しむらくは、背景の悪さですよね
どうせならちゃんとしたところ、それもコスのテーマにあったところで撮りたいです。

今回は、フォトショップでごまかしましたが、キャラのイメージ自体がよく分からないので、かなり手抜きです
宇宙船とか、大草原とか背景になりそうなフリーフォトやCGもあるので、次回からはキャラの方も勉強しましょう

プロフィール

atos

Author:atos
写真サイト
atos's photo studio
のぼやきのブログです
日々のとりとめもないことを書いてますので、
内容はどうでもよいことばかりです。

本家の写真サイトはこちら

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。